ふくらすずめ の 家の中

家の中が 『快適』 になる色んな話!

*

<004> 『加湿器』 が、やってきた!

      2015/12/16

ダイニチ ハイブリッド加湿器 購入!

kasituki-dainitidainiti-point

とうとう買い替えた加湿器!

 

こんにちは、 ふくらんです!

今回は加湿器のお話。

 

うちは

1F リビングダイニングキッチン で
『超音波式アロマ加湿器』、

2F 寝室 で、
『加熱気化式ハイブリット加湿器』

→ふくらすずめ家の間取りはこちら

と、いう様に
それぞれの部屋で
種類の異なる加湿器を使っていました。

 

だけど1Fでつかっている加湿器が
どうにも気に入らず…

とうとう買い替えちゃいました!

dainiti-1

dainiti-4

 

この記事で紹介しようと思う内容目次

①買い替えようと思った理由

②次の加湿器に求めた内容

③各社機種を比較して検討した内容

④うちがダイニチを選んだ理由

 

 

 

これらをレポートしたいと思います。

加湿器でお悩みの方、
一意見として是非ご一読ください!

 

特に③と④は、
私が購入する際に
専門の担当者さんから
聞いた話がもとなので
加湿器を選ぶ際には
役立つと思います。

 

 

買い替えようと思った理由

 

以前リビングで使っていた加湿器は、
値段が5000円位でお手頃、
しずくのようなカワイイ形も気に入って
ほしーなーと言っていたら
姉がプレゼントしてくれたモノでした。

(よく見るアレです…
下記に書く事は悪口ではありませんよ!
あくまでも私が使った感想です)

 

リビングダイニングキッチンの
カウンターに置いて
利用する事を想定していたので、
蒸気が出ても床に落ちるまでには
高さがあるから平気かな?

なんて思っていたけど甘かった。

(超音波式というのは
水を微細にして噴出してだしている、
いわゆる 『霧』のようなもの
※蒸気と書いているが
厳密には沸騰して気化している
蒸気の意味とは異なる。
見かけを表現しての言葉です)

 

部屋を加湿できるだけの
蒸気の強さを指定すれば、
やはり床がが濡れたり、
下にあるクッションが
湿ったりしました。

そしてタンクの水が
蒸気化する前に
雑菌の繁殖を防ぐと言う
抗菌カートリッジのついているとこに
いったん溜まるのですが、

ここがとても汚れるのです

 

気を付けて水を取り替えたり、
洗ったりしてるつもりでも
ピンク色のヌメヌメが…
白いフワフワしたやつも…

超音波式の加湿器は
価格が安く、
デザインも豊富だけど、
衛生面で問題があると…

これは2Fでつかっている
ハイブリッド式加湿器では
見た事がありません。
(2005~2007年の
「ナショナル」製品。
購入時は14000円位したけど、
流石に今でも問題なくつか、
年数で考えればこちらの方が
経済的な結果になった)

 

しかも本体が重いから
この水が溜まっているとこを
洗うのも大変なんです。

この本体を通して
(汚れた場所を通過して)
水が細かくなり、
蒸気の様に白くなって目に見える…

そしてそれが
家の中に広がる…

子どもが口を近づけたり
蒸気をかぶって遊んでる…

何度も洗ったし、
消毒したし、
カートリッジも換えたけど、

・蒸気で床が濡れる
・ピンクのヌメヌメがつきやすい
・白いフワっとしたぬめりも浮く
・本体(水の溜まるとこ)が洗いにくい
・いくらカートリッジを取り換えても
清潔な感じがしない
・タンクの中が洗えない
・アロマ機能をつかうと不衛生に感じ、
匂いもほとんど感じない
・タンクの容量が少ない
(給水は本当に手間です)

 

プレゼントしてもらったものなので
一生懸命メンテナンスして
使っていたけれど、
上記の理由から前シーズンで
利用を断念しました。

 

②次の加湿器に求めた内容

 

●清潔につかえる
●掃除が楽
●タンク容量が大きい
(給水回数が少ない)
●子どもが危なくない
●床が濡れない
●デザインがいい
●価格・コストが経済的

これらを新しい加湿器を選ぶ
条件としました。

 

③各社機種を比較して検討した内容

 

横浜の某有名巨大電化製品店へ!
旦那様がここが大好きなんです。

私が近所のヤ〇ダでいいんじゃない?
といってもですね、

「店員の知識も品ぞろえも桁違い」
と、物凄い信頼しているんです。

なんで、
新しいモノを買う時は
ここに行こうと言えばですね、
我が家の場合はスムーズに買う事が
許されるわけです。
(実際は反対されても買うんだけど、
夫婦もめない方がいいでしょ?!…)

 

今回一番よかったのは
このお店で
『加湿器担当』みたいな
店員さんをつかまえられたこと!

彼に教えてもらった内容に納得。
気持よく買物ができました。

 

初め私は
パナソニック と
シャープ の差について
説明をお願いしました。

両社の製品特徴を聞いて、
デザインを見て、、、、、

何だかしっくりこない私……

 

試しに
「他にオススメはありますか?」
と聞いたところでてきたのが

『ダイニチ』 だったのです!

とりあえず各社の特徴を書きますね。

 

◇機種選びのポイント◇
使う場所の暖房器具が
ファンヒーターやエアコン
などはおのずと乾燥しやすい!
それに反しオイルヒーターや
パネルヒーターは
乾燥しにくい。
乾燥しやすければそれだけ
潤すだけの稼働には
おのずと電気代もかかります。

理想は鍋をグラグラさせるよに
お湯を沸騰させる湯気が
一番加湿できますが、
一番電気代もかかります。

 

 

 

※うちはリビングとダイニングと
キッチンが合体している16.4畳に置くので
2015年度、洋室17畳位を基準に考えた適合機種↓↓↓

パナソニック

panasonic-kasitukihttp://パナソニック 気化式加湿器 和室8.5畳/洋室14畳 ホワイト FE-KFL05-W

■ヒーターレス気化式加湿器
■メーカー保証/1年
■中国製
■本体重量 5.2㎏(タンクは空で)
■タンク 4.2ℓ
■加湿量 800ml/h(最大お急ぎ時)
■運転音 (最大/44㏈)(最小/15㏈)
■木造和室:12畳
■プレハブ洋室:19畳
■デザインがいい(好みだけど)
■熱くならず安全
■電気代 1ヵ月/約5.2円
(1kwh=27円、1日8時間×30日)
(KXL05・「強」運転として)

 

ヒーターレスなので
加熱式のようなパワーにかける?
(それでも加湿量をアップする
「お急ぎモード」の機能があり、
書類上で謳われるパワーは
1時間当たり800mlとなっている)

つけたりけしたりしない
一日中つけっぱなしの環境に
最適なようです。
(つけたりけしたりをすると
部屋の湿度が落ちるけど、
その数値を急激に上げるのが
ヒーターレスなので苦手らしい。)

 

 

シャープ

sharp-kasitukihttp://SHARP プラズマクラスター搭載 ハイブリッド式 加湿器 ベージュ系 HV-D70-C

■ハイブリッド式加湿器
(ヒーター&気化式)
■メーカー保証/1年
■中国製
■本体重量 4.4㎏(タンクは空で)
■タンク 4.0ℓ
■加湿量 670ml/h
■運転音 (50Hz/40㏈)(60Hz/41㏈)
■木造和室:11畳
■プレハブ洋室:18畳
■デザインが…(好みだけど)
■熱いと感じる程の事はない
■電気代 1ヵ月/約2016円
(1kwh=27円、1日8時間×30日)
(HV-E70・「強」運転として)

 

ハイブリッド式なので
急に湿度を上げたい時も
ヒーターで加熱することで
早く加湿できる。

 

ハイブリッドなので
省エネモード(気化式)もでき
電気代を抑える事もできる。
(自動エコモードで
1ヵ月/約150円 ※条件による)

 

つけたりけしたりする
環境にも柔軟に対応。
(加熱式なのでパワフルに
高湿度にできる)

 

タンクは勿論だけど、
本体吹き出し口の中を
直接ふけるのはシャープの特徴。

 

でも
デザインの好みが
ハッキリわかれるらしいです。

プラズマクラスターの機能は、
静電気の制御は店頭でも
実演してるほど
実感できるようですが、
その他については
個人によって感じ方が
違うようです。

 

 

ダイニチ

dainiti-kasitukihttp://ダイニチ ハイブリッド(温風気化+気化)式加湿器(木造8.5畳まで/プレハブ洋室14畳まで プレミアムブラウン)DAINICHI HD-RX515-T

■ハイブリッド式加湿器
(温風気化&気化式)
■タンク 6.3ℓ
■メーカー保証/3年
■日本製
■本体重量 5.1kg(タンクは空で)
■加湿量 700ml/h
■木造和室:12畳
■プレハブ洋室:19畳
■運転音 (最大/32㏈)(最小/13㏈)
■デザインがいい(好みだけど)
■熱いと感じる事はない
■電気代:メーカー開示なし
(この家電量販店の店員さんが、
あまりに問合せが多いからと
計算したところ、
約 1300円程 だったそうです。
あくまでこの方の計算ですが)

 

パナソニックとシャープの
ちょうど間位にあたるのが
ダイニチの加湿器。

 

デザインもシンプル。
色も選べていい!
(こちらの機種だと
写真のブラウンとホワイト。
下のサイズになると
ブラックも選べてグッドです!)

 

ハイブリットで素早い加湿も
できるけど、
省エネの気化加湿もでき、
音も静か。

 

そしてお気づきでしょうか?!

なによりも、日本製、
その上、
他社にはない『3年保証』なのです!

 

 

④うちがダイニチを選んだ理由

 

本当に色々迷ったのですが、
今回は 『ダイニチ』 に決めました。

皆さんはダイニチというメーカーを
ご存知でしたか?

私は恥ずかしながら
初めて耳にしました。

 

なんでも主に
日本で石油ファンヒーターを
製造・販売していた
老舗企業だそうです。

 

販売員さんの話では、
「ご年配の方はダイニチさんを
良くご存知なんです。、
日本製だしダイニチさんにするとか、
ダイニチさんはないの?
なんて言われたりするんですよ」
と言っていました。

 

日本製、
しかも3年の保証。
dainiti-point

これはダイニチさんの
誇りと自信なんですね!

 

 

 

そんなわけで、

〇清潔につかえる
〇掃除が楽なつくり
dainiti-2↑こんなに広いので
私の大きな手も余裕で入る

 

 

↓ここも洗いやすい
フラットな感じでいいでしょ!
dainiti-3
〇タンク容量が大きい
(6.3ℓと他社よりかなりBig)
〇子どもが危なくない
〇床が濡れない
〇デザインがいい
〇価格・コストが経済的

な上に、

 

◆製品に信頼がおける
ダイニチさんには
持ち運びに楽な『とって』がある!
(このクラスの加湿器は
床置きを基準につくられています。
移動する時に持ち上げるのが
下から持つのってほんっと、
大変なんですよ…)

という事で、
うちの部屋事情や
使い勝手を考えて、
ダイニチさんに決定でした!!

 

 

 

 - リビング, 家電製品 , , , , , , , ,